生活

炭酸飲料OKのマホービン発売!!ビールもOKってすごすぎる!!

beer

マイボトルや水筒って、今では1人1本の時代ですよね。
筆者もどこに出かけるにも、お茶やスポーツドリンクなどを入れて持ち歩いています。
マイボトルは基本的に保冷ができるタイプのものが多いですが、一般的な保冷機能のあるボトルって、炭酸飲料は入れられないってご存じでしょうか?

そんな時、タイガーのマホービンで、炭酸飲料を入れることができるタイプのものが販売されるという朗報をキャッチしました。


これからの季節に大活躍してれそうな、炭酸飲料が入れられるマホービン。
なぜ炭酸飲料OKとなったのか、容量はどのくらいあるのかなどを調べてみました。

ビール党大歓喜!!タイガー国内唯一の炭酸飲料OKのマホービンを開発!!

なぜ保冷機能付きの金属ボトルに、炭酸飲料を入れることができなかったのか?

一般的な保冷機能付きのボトルに炭酸飲料を入れて持ち歩くと、炭酸のいのちでもある「二酸化炭素」が溶けている水から抜けて、ボトル内の空間に溜まってしまいます。
ボトルの中の圧力が、すごく高くなってしまうんですね。

そんな状態でボトルを開けようとすると、中の圧力が強すぎて開けることが出来なくなる可能性があります。
開けられたとしても、中の圧力が一気に出てくるので、中の液体が噴き出すこと間違いなし、の状況になってしまうんですね。
最悪の場合、開けられなくなるほど強い圧のために中で破損などが起こっていて、その状態で開封することにより、中の破損部品が飛び出してけがをしてしまうなんてことも想定されます。

そして理由がもう一つ。
炭酸飲料は酸性のために、ボトルの内側の金属溶けてしまうことがあります。
これは炭酸飲料だけではなく、スポーツドリンクなどでも起こりうることです。
(メーカーによっては「スポーツドリンクOK」の記載があるものもありますよ。)
ボトルの金属が溶け出すことで怖いのは、知らずに飲んでしまって中毒を起こしてしまうことです。

そのような危険な状況を招く可能性があるため、今までは炭酸飲料を入れることができなかったんですね。

タイガーのマホービンは、なぜ炭酸飲料が入れられるようになったの!?

炭酸飲料が金属製のボトルに入れられない理由は先ほど書いた通りです。
では、タイガーのマホービンは何が変わったのでしょうか?

先ほど「なぜ保冷機能付きの金属ボトルに、炭酸飲料を入れることができなかったの?」でも書いた通り、酸性の飲料を入れても問題ない金属ボトルは今までにもありました。

今回の大きな発明(と言ってもいいでしょう!!【個人の意見です】)は、以下の2点です。

  • タイガー独自のBubbleバブルLogicロジック を採用した炭酸対応せん ※商標出願中
  • 炭酸が気化しにくい、スーパークリーンPlusプラス加工

炭酸に対する処理能力の高さが売りってことですね!

炭酸ガスを抜くことができるのはもちろん、ボトル内の内圧が異常に高まった時にも、安全弁が作動することで自動でボトル内の炭酸ガスが抜けるように構成されているそうです。
この機能により、中の液体が飛び散ることはなくなるんですね!

野球観戦にも活躍の予感…!タイガーの炭酸飲料OKの魔法瓶は即購入したい!!


野球観戦大好きな筆者としては、できればビールは持ち込みたい派です。
(球場のビールは高すぎる…)
そして、おいしく飲みたい!!

と言っても、野球観戦の時にビールを持ち込もうと思うと、紙コップに移されて、飲むときには生ぬるくなっているというのはよくある話。
冷たいままで持ち込もうと思うと、タイガーの炭酸飲料OKの魔法瓶は、迷う間もなく購入一択の商品だと思います。
カラーはカッパー、エメラルド、スチールの三色展開。
容量は0.5L、0.8L、1.2L、1.5Lと4サイズから選べるのもうれしいですね。

筆者としては、最大容量の1.5Lを購入したいところです。

これだけあれば、野球観戦中でも、売り子さんが来るのを待つこともなく、冷たいビールを十分楽しむことができそうですよ!

まとめ

炭酸飲料OKな金属製のボトルがでたことは、アウトドア派にはもちろん、ペットボトルや缶が持ち込めない野球観戦でも大活躍すること間違いなしのアイテムですね。
タイガー社製という間違いないメーカーの商品なので、安心して使えるというのも、購入者としては嬉しいポイントです。
タイガー社製のマホービンは、寅年の2022年の野球感染やアウトドアには、欠かすことができない存在となりそうな予感です!!

-生活